目の下のたるみ取りは整形で叶える!~若返りと自信を手に入れる~

たるみ

脇のお悩み解決

女性

名古屋にある美容クリニックではわきが治療を扱っており、安全性の高さが人気の要因となっています。また治療の価格傾向については分割やカード払いに対応しているため、患者の好きな支払い方法が選択出来る点がポイントです。

詳しくはこちら

復数の方法で治せる

手術で目の下のたるみ取りを行なう時はしっかりそのリスクマネジメントを行なうべきです。術後もケアを怠るべきではありません。

たるみ取りは美容の歴史でも長い

女性

皮膚がたるむメカニズムは、その大きな要因が加齢による筋肉の衰えです。筋肉が衰えると周囲の組織を支えきれなくなり、たるみとして表層に表れます。最も目立ちやすいたるみの1つである、目の下のたるみも同様で、筋肉が眼窩脂肪を支えきれなくなり、せり出すことで起こります。 人々はこの目の下のたるみ取りに関して、長く取り組んできた歴史があり、美容の歴史でも長年の課題として残っていました。外科的切除が困難であった時代は、これをファンデーションの類を使って、たるみで出来る影を消していました。しかし目の下のたるみ取りを根幹的に治せるようになったのは、美容整形の技術が発展した20世紀になってからです。 二重切開施術などが広まるにつれて、たるみ取りの施術も行うクリニックが増え、現代では術式もヒアルロン酸注射から経結膜脱脂法まで様々なものがあります。

目の下のたるみ治療の特徴

主に加齢による眼窩脂肪のせり出しが原因である、目の下のたるみ取りは美容整形施術による直接的な脂肪の除去と皮膚の切除が治療方法となります。しかし最近はたるみ取りのための施術方法も多様化しており、復数の種類があるためそれぞれの施術の特徴に関して知っておくと有益です。 前述のように直接的に脂肪を除去したり、余った皮膚を切除する施術には経結膜脱脂法と下眼瞼切開法が現在の主流です。経結膜脱脂法は瞼の裏側部分に非常に小さな穴を開けて、そこから脂肪を吸い出していくことで余剰な脂肪を無くして、たるみを無くします。 対して下眼瞼切開法は、下瞼をメスで切開して直接脂肪や皮膚を切除するのが特徴です。またプチ整形にもよく使われるヒアルロン酸注入による、目の下のたるみ解消治療もあります。

マッサージで解消

女性

目の下のたるみの大きな原因は、日常的習慣です。不規則な生活を続けていれば目の下のたるみは、どんどんひどくなっていきます。そうならないためには、日頃のマッサージやクリームを塗るなどのケアが重要になります。

詳しくはこちら

注射一本で効果を発揮

女性

ヒアルロン酸注射を打つと簡単にバストアップすることができるため多くの人が美容外科で注射を打ってもらっています。ただし、体内に注入されたヒアルロン酸は少しずつ吸収されていくので注意しましょう。

詳しくはこちら